docker-composeのMySQLのイメージの環境変数

docker-composeでコンテナ内で環境変数を設定するには、docker-compose.ymlでenvironmentキーを使って指定します。

Docker Hub

現在サポートしているMySQLのバージョンは以下の通りです。

8.0.21,  8.0, 8, latest
5.7.31,  5.7, 5
5.6.49, 5.6

設定できる環境変数

よく使うものだけピックアップします。

MYSQL_ROOT_PASSWORD

MySQLのrootユーザのパスワードです。必須で設定が必要です。

MYSQL_DATABASE

データベースの名前です。

MYSQL_USER

MySQLに接続するユーザの名前です。ユーザを作成する場合はMYSQL_PASSWORDの設定も必要になります。

このユーザは、MYSQL_DATABASEで設定したデータベースに対してGRANT ALLの権限が付与されます。

MYSQL_PASSWORD

MYSQL_USERで設定したユーザのパスワードです。

以上がよく使う環境変数です。これとは別で、環境変数に使えない(というより設定した場合に問題が発生する)変数もあります。

MySQL :: MySQL 5.7 Reference Manual :: 4.9 Environment Variables

サンプルのdocker-compose.yml

完成系のサンプルです。
(今試している対象のシステムがかなりレガシーなので、古めのMySQLのバージョンを指定しています)

docker-compose.yml
version: '3'
services:
 mysql:
   image: mysql:5.6
   container_name: mysql
   environment:
     MYSQL_ROOT_PASSWORD: ${MYSQL_ROOT_PASSWORD}
     MYSQL_USER: ${MYSQL_USER}
     MYSQL_PASSWORD: ${MYSQL_PASSWORD}
.env
MYSQL_ROOT_PASSWORD=adminpassword
MYSQL_USER=testuser
MYSQL_PASSWORD=testpassword